本文へスキップ

高知県農業共済組合で実施している事業の概要です。

農作物共済



 水稲が気象上の災害(地震及び噴火を含みます。)、病虫害、鳥獣害などによって一定の割合を超える減収になったときに、共済金が支払われます。本県では、農家が耕作している耕地(筆)ごとに引き受け、災害のあった耕地ごとに減収量を見積もり損害を補償する「一筆方式」を実施していますが、「全相殺方式」「半相殺方式」「地域インデックス方式(新設)」があり、それぞれの加入方式ごとに補償割合が選択できます。さらに31年度より新たに一筆方式以外で一筆半損特例を付することができるようになりました。

加入は

 水稲を10a以上耕作している農家が加入できます。

対象となる災害は

 すべての気象災害(地震および噴火を含む)・病虫害・鳥獣害・火災による災害です。ただし、肥培管理不良による減収は損害の対象から除外されます(分割評価)。また薬害など人為的な減収は対象となりません。

責任期間(補償期間)は

 本田移植期(直はんの場合は発芽期)から収穫するまでです。

加入方式は

 引受方式 補償
割合
支払
開始
損害
割合
補償の内容
 一筆方式 7割
6割
5割
3割
4割
5割
 耕地ごとに、基準収穫量に対して支払開始損害割合を超える被害が生じたとき共済金を支払います。
(平成33年産で原則廃止となります。)
 半相殺方式 8割
7割
6割
2割
3割
4割
 農家ごとに被害耕地の減収量の合計が、基準収穫に対して支払開始損害割合を超える被害が生じたとき共済金を支払います。
 全相殺方式 9割
8割
7割
1割
2割
3割
 農家ごとにすべての耕地の増減収を相殺した減収量が、基準収穫量に対して支払開始損害割合を超える被害が生じたとき共済金を支払います。
 地域インデックス方式 9割
8割
7割
1割
2割
3割
 市町村ごとに、統計単収が基準単収(注1)に対して支払開始損害割合を超える被害が生じたとき共済金を支払います。

注1. 基準単収は、当該耕地が属する統計単位地域における統計単収の過去5か年中中庸3か年の平均値です。

共済金額(補償額)は

共済金額の算定式 
 一筆方式
半相殺方式
全相殺方式
地域インデックス方式
 共済金額=基準収穫量×単位当たり共済金額(注2)×補償割合
〈例〉1ha(100a)耕作の場合
・1s当たり共済金額192円 ・10a当たり基準収穫量500s
・補償割合8割を選択した場合
768,000円=192円×(500s×10×8割) 
(10a当たりの補償額は76,800円)

注2. 単位当たり共済金額(1s当たり共済金額)は、農林水産大臣が毎年県ごとに告示します。組合員はその中から選択することができます。

掛金は

 すべての引受方式で、過去20年間の被害率を基に定められた共済掛金標準率(3年ごとに改定)を基に過去20年間の農家ごとの損害率に応じた危険段階別基準共済掛金率(41段階)によって決まります。掛金の半分は国が負担します。

・共済掛金=共済金額×危険段階別共済掛金率
 農家負担掛金=共済掛金−(共済掛金×国庫負担割合)

【例】半相殺方式(8割補償)の場合
768,000円×1.008%=7,741円
7,741円× 50% =3,870円(国負担共済掛金)
7,741円−3,870円=3,871円(農家負担共済掛金)
(10a当たりの掛金は387円)
【注】共済掛金率は個人、引受方式、補償割合によって異なります。組合では事務的経費として賦課金をいただいています。掛金と合わせてお支払いただきます。

共済金の支払いは


【例】半相殺方式(8割補償)の場合
    引受面積1ha(100a) 、基準収穫量は全ての圃場で500s、1s当たり共済金額は192円 
    合計50aの圃場で1,500sの減収があった場合
    共済減収量  5,000kg×2割(支払開始割合)=1,000s
    減収量1,500s-1,000s

<支払例(図解)>


 
圃場全体の収穫量は500+1,500+500+1,000(増収分200sは見ない)=3,500s
補償収穫量が5,000s×0.8=4,000sより
共済金支払対象収穫量は、4,000−3,500=500s
共済金支払額は192円/s×500s=96,000円

一筆方式、全相殺方式、地域インデックス方式については組合にお問い合わせください


損害発生通知は

 共済事故が発生したとき及び共済金の支払いを受けるべき損害があると見込まれるときは、遅滞なく組合に通知しなければなりません。通知がない場合には、現地調査または確認ができませんので共済金をお支払いすることができません。

損害評価は

 農家の損害発生通知を受けて、農林水産省が定める損害評価要綱に沿って行われます。
  • 一筆方式は、損害発生通知のあった全ての耕地について収穫前に収穫量を検見または実測の方法により調査します。
  • 半相殺方式は、損害発生通知のあった耕地の一部を抽出し、実収穫量を調査します。
  • 全相殺方式は、損害発生通知のあった農家の耕地の一部を抽出し被害確認を行い、さらに乾燥調整施設の計量結果または青色申告書及びその関係書類により収穫量を調査します。
  • 地域インデックス方式は、損害発生通知のあった耕地のうち1筆について被害確認を行います。通知のあった加入者の該当する市町村の統計単収により収穫量を決定します。

特約について

○一筆半損特約・・・収穫量が耕地別基準収穫量の2分の1に相当する数量以下であると認められる耕地につき、当該耕地別基準収穫量の2分の1に相当する数量を減収量とみなして共済金を支払います。一筆方式以外の引受方式に付すことができます。

○自動継続特約・・・加入者が加入申請時に申し出、特約を付すことができます。一度申し込みをすると解約の申し出がない限り、毎年契約が継続されます。