本文へスキップ

高知県農業共済組合で実施している事業の概要です。

家畜共済



 牛、馬、豚が病気やケガで治療を受けたときや、死亡または廃用になったときに共済金が支払われます。

加入は

  • 成乳牛・育成乳牛・乳用子牛及び胎児・肥育用成牛・肥育用子牛、その他の肉用成牛・その他の肉用子牛及び胎児、乳用種種雄牛・肉用種種雄牛。ただし、胎児は種付後240日目から補償対象となります。

  • 一般馬・種雄馬

  • 種豚・肉豚(一般肉豚及び特定肉豚)。ただし、特定肉豚は出生後20日目(または離乳した日)から市場に出荷するまでとなります。
< 家畜共済の共済関係>
  • 包括共済対象家畜(乳牛の雌等、肉用牛等、一般馬、種豚、肉豚)については、その種類ごとに農家単位の全頭加入となります。
  • 個別共済対象家畜(種雄牛及び種雄馬)については、1頭ごとの加入になります。

対象となる事故は

 病傷事故……牛、馬の加入家畜が病気やケガをし、獣医師の治療を受けたとき。
 死亡事故……と殺による死亡を除いて、加入家畜が死亡したとき。
 廃用事故……病気やケガで、死にひんしたとき。 
       不慮の災厄によって救うことのできないとき。 
       骨折・は行等で治る見込みがないとき。
       行方不明となった日から、30日以上生死が分からないとき。
       乳牛の雌、種雄牛または種雄馬が繁殖能力を失ったとき。
       乳牛の雌が泌乳能力を失ったとき。
       出生時において、奇形又は不具であることにより、使用価値がないとき。
 ※ただし、牛の胎児及び肉豚は死亡のみが対象となっています。
  また、自主的淘汰は支払いの対象となりません。

責任期間(補償期間)は

 共済掛金を支払った日の翌日から一年間です。

補償内容は

 包括共済関係においては個体ごとの評価額の合計(共済価額)の8割から2割の間で選択となります。肉豚は8割から4割の間で選択となります。

 個別共済関係(乳用種種雄牛・肉用種種雄牛・種雄馬)は、1頭ごとの評価額(共済価額)の8割から2割の間で選択します。

掛金は

 掛金の半分(豚は40%)は国が負担しています。
・共済掛金 = 共済金額×共済掛金率
・農家負担掛金 =共済掛金−(共済掛金×国庫負担割合)

【例】成乳牛 ●1頭35万円の価額の牛20頭を飼育し6割を選択した場合
 共済価額(700万円)=35万円×20頭
 共済金額(420万円)=700万円×60%
 共済掛金(777,000円) =420万円×共済掛金率(18.5%)
 農家負担掛金(388,500円)=777,000円−(777,000円×50%)
※掛金率は家畜(共済目的)の種類や個人の被害率によって異なります。

共済金の支払いは

<病傷事故>
農家ごと、対象家畜ごとに定められた病傷給付限度額の範囲内で、獣医師の診断書をもとに疾病、傷害の診療に要した費用(初診料は除く)が病傷給付限度額の範囲内で共済金として支払われます。
<死廃事故>
  家畜の種類ごとに定めた支払限度額の範囲内で、次により算出される純損害額のいずれか小さい額が共済金として支払われます。

@共済金 =損害額×(共済金額 / 共済価額)
A純損害額=事故家畜の価額−(肉皮等残存物価額または廃用家畜の評価額+補償金等)

【例】
 ●死亡事故(価額35万円)の場合
 共済金  210,000円=350,000円×(420万円÷700万円)
 ●廃用事故(価額35万円、残存物15万円) の場合
 共済金  120,000円=(350,000円−150,000円)×(420万円÷700万円)
 純損害額 200,000円= 350,000円−150,000円
 共済金<純損害額より  共済金 120,000円
  • 死廃共済金支払限度額=共済金額×死廃共済金支払限度率
    ※死廃共済金支払限度率は、包括共済対象家畜の種類別に過去3年間の被害率を基礎に、農林水産大臣が定めます。

損害評価は

 病傷事故: 獣医師職員による診断書の審査を行います。
 死亡事故: 獣医師又は職員が現地確認します。
 廃用事故: 獣医師職員等が廃用確認を行い、職員が現地確認します。

損害防止事業を行っています

 加入家畜の損害を未然に防ぐため、家畜の健康検査、飼育の管理指導、薬剤の投与等の損害防止事業を1年間を通じて実施しています。